安いが故の不具合

純正品の1割から5割ほどの価格という、格安なリサイクルトナー。これを使用する会社は多いのですが、それでもある程度のデメリットはあります。リサイクルトナーは、回収したトナーカートリッジにトナーを充填するものですから、そこに研究費や開発費はありません。カートリッジも回収してくるわけですから、実質、トナー代だけでいいのです。そのため、純正品に比べ破格の値段で勝負できるわけです。

関連HP⇒リサイクルトナーカートリッジなら – 低価格と高品質を保証するトナプロ

しかし、そのトナー充填という工程がある故に、少なからずトラブルも起ってきます。プリンターにトナーカートリッジをセットすると、純正品の場合は1~2%の不具合が生じることがあります。この場合、純正品は保証が付いていますので、メーカー側が代替品を用意してくれます。一方のリサイクルトナーは純正品より少し高めの2~3%の不具合が発生しますので、品質保証がついている専門店を探してみるといいでしょう。

また、色具合ですがやはり純正品に比べると、発色が悪かったり、イメージと違う色合いだったりすることがあります。また、メーカーによって品質にばらつきがあったり、プリンターとの相性もあり、最悪の場合プリンターの故障に繋がることがあります。ただ、最近はリサイクルトナーの質もかなり向上していますので、こういった心配は少なくなっています。