リサイクルトナーの問題点

会社にとって、事務の消耗品費は意外と大きな負担となっています。その中でもプリンターにかかる経費は、どの会社も頭が痛いところでしょう。プリンターは会社に欠かせない必需品です。ただ、電気代や用紙代など維持費がかかってしまいます。その維持費で最も大きなものがトナーカートリッジでしょう。プリンターを使うと、トナーは確実に減っていきます。無くなれば業務に支障をきたしますので、すぐに新しいものと交換しなければいけません。このサイトは、そのトナーカートリッジでも格安なリサイクルトナーについて、そのデメリットを紹介します。

トナーカートリッジは通常、プリンターメーカーが製造している純正品が使われています。ただ、この純正品は高価なため、最近では純正品以外のトナーカートリッジを使う傾向にあります。純正品以外には互換トナーやリサイクルトナーがあり、かなりの低価格を実現しています。特にリサイクルトナーは純正品の半額以下で購入できるため、会社にとっては大変ありがたいものなのです。

ただ、このリサイクルカートリッジにはデメリットがあるので注意が必要です。純正品のを交換した場合、初期不良率が1~2%なのですが、リサイクルトナーは2~3%の確率となります。また、色具合に関しても、純正品と比べると多少の違いがあります。画像の色と実際にプリントした色が違ったり、発色が鈍かったりすることがあるのです。このサイトを見ることで、リサイクルトナーのトラブルを少しでも防ぐことができれば幸いです。