安いが故の不具合

純正品の1割から5割ほどの価格という、格安なリサイクルトナー。これを使用する会社は多いのですが、それでもある程度のデメリットはあります。リサイクルトナーは、回収したトナーカートリッジにトナーを充填するものですから、そこに研究費や開発費はありません。カートリッジも回収してくるわけですから、実質、トナー代だけでいいのです。そのため、純正品に比べ破格の値段で勝負できるわけです。

関連HP⇒リサイクルトナーカートリッジなら – 低価格と高品質を保証するトナプロ

しかし、そのトナー充填という工程がある故に、少なからずトラブルも起ってきます。プリンターにトナーカートリッジをセットすると、純正品の場合は1~2%の不具合が生じることがあります。この場合、純正品は保証が付いていますので、メーカー側が代替品を用意してくれます。一方のリサイクルトナーは純正品より少し高めの2~3%の不具合が発生しますので、品質保証がついている専門店を探してみるといいでしょう。

また、色具合ですがやはり純正品に比べると、発色が悪かったり、イメージと違う色合いだったりすることがあります。また、メーカーによって品質にばらつきがあったり、プリンターとの相性もあり、最悪の場合プリンターの故障に繋がることがあります。ただ、最近はリサイクルトナーの質もかなり向上していますので、こういった心配は少なくなっています。

トナーの種類

会社の事務所には、必ず置いてあるのがプリンターです。書類のコピーや資料の作成、ファックスのプリントアウトなど、これなくしては会社が成り立たないほど頻繁に使われています。ただ、使えば使うほど無くなっていくのがトナーカートリッジです。このトナーカートリッジは、意外と高価で会社の経費の中でも大きな負担と成り得るものです。

実は、このトナーカートリッジには3つの種類があります。1つ目はプリンターメーカーが販売している純正品です。プリンターメーカーはプリンター本体の価格を抑え、逆にこのトナーカートリッジの価格を高めに設定し、研究費や開発費の元を取っているのです。経費の負担となるのは、この純正品と言えます。もちろん、純正品はプリンターとの相性もよく、色も鮮やかですので高くても充分な質が保たれています。

2つ目には、プリンターメーカー以外のメーカーが作ったオリジナルのトナーカートリッジがあります。一般的には互換トナーと呼ばれています。そして、3つ目。純正品を回収し、そこへトナーを充填したのがリサイクルトナーです。互換トナーも価格的には安いのですが、特にリサイクルトナー格安となり、最近はこのリサイクルトナーを使う会社が増えているのです。

リサイクルトナーの問題点

会社にとって、事務の消耗品費は意外と大きな負担となっています。その中でもプリンターにかかる経費は、どの会社も頭が痛いところでしょう。プリンターは会社に欠かせない必需品です。ただ、電気代や用紙代など維持費がかかってしまいます。その維持費で最も大きなものがトナーカートリッジでしょう。プリンターを使うと、トナーは確実に減っていきます。無くなれば業務に支障をきたしますので、すぐに新しいものと交換しなければいけません。このサイトは、そのトナーカートリッジでも格安なリサイクルトナーについて、そのデメリットを紹介します。

トナーカートリッジは通常、プリンターメーカーが製造している純正品が使われています。ただ、この純正品は高価なため、最近では純正品以外のトナーカートリッジを使う傾向にあります。純正品以外には互換トナーやリサイクルトナーがあり、かなりの低価格を実現しています。特にリサイクルトナーは純正品の半額以下で購入できるため、会社にとっては大変ありがたいものなのです。

ただ、このリサイクルカートリッジにはデメリットがあるので注意が必要です。純正品のを交換した場合、初期不良率が1~2%なのですが、リサイクルトナーは2~3%の確率となります。また、色具合に関しても、純正品と比べると多少の違いがあります。画像の色と実際にプリントした色が違ったり、発色が鈍かったりすることがあるのです。このサイトを見ることで、リサイクルトナーのトラブルを少しでも防ぐことができれば幸いです。