リサイクルトナーでコストダウン

コストパフォーマンスの高さから多くの企業が採用しているリサイクルトナー。オフィスに欠かせないOA機器に使用するトナーのコストを削減することができますし、近年のリサイクルトナーは品質も優れているためひと昔前のような不具合の発生率も低くなっています。リサイクルトナーを利用するには専門の業者に依頼することになりますが、リサイクルトナー業者を選ぶときにはいくつか覚えておくこともあります。

リサイクルトナー業者によって納品にかかるスピードはもちろん、保証の内容なども異なりますからまずはそこを理解する必要があります。また、忘れてはいけないのが送料です。多くのリサイクルトナー業者は宅配便などを利用してトナーを配送していますから、どうしても送料が発生してしまうのは仕方のないことです。ただ、賢く業者選びをすることでリサイクルトナーの送料を抑えることも可能ですから覚えておきましょう。

業者の送料を確認

インターネットの普及によって今では誰もが気軽にネット通販を利用するようになりました。ネット通販で品物を送ってもらうと当然送料もかかりますが、これは仕方のないことです。配送のサービスを利用しているわけですし、そこに送料が発生するのはある意味当然と言えるでしょう。送料を無料にするようなショップも少なくありませんが、最近では宅配業者の負担が増えすぎていることから送料無料を見直す企業も増えてきました。

送料無料!リサイクルトナー業者の多くもクライアント企業などにリサイクルトナーを届けるときには宅配便をはじめとした配送サービスを利用しています。そのため、リサイクルトナーをオフィスまで届けてもらうと当然送料が発生してしまうのですが、一か月に何度もリサイクルトナーを届けてもらうような場合だとどうしても金銭的な負担が大きくなってしまいますよね。お得に利用するためには事前にしっかりとリサイクルトナー業者の送料もチェックしておかねばなりません

現在では多くのリサイクルトナー業者が営業していますし、送料も業者によってまちまちです。比較的安価な送料を設定しているところもあれば、通常と変わらない送料を設定している業者、無料で配送している業者もいます。一番お得なのはやはり送料無料の業者ですよね。オフィスで利用しているトナーだとかなりの頻度で届けてもらう必要もあるでしょうから、できるだけ送料無料で対応してくれる業者のほうがお得です。

送料無料だと経費削減になる

オフィスで利用するトナーをリサイクルトナーに換えるだけで大幅なコストダウンを図ることが可能ですし、実際多くの企業ではそれを目的にリサイクルトナーを利用しているのではないでしょうか。どのような企業でも経費削減、コストパフォーマンスの向上を目指しているでしょうし、そのためにはオフィスで使用する備品などについても同じようにコストダウンしたいはずです。それを考えるとリサイクルトナーというのは最善の選択となります。

ただ、いくらリサイクルトナーがお得な価格で手に入ったとしても送料がその都度かかるとあってはお得とは言えませんし、何だかもったいない気もします。送料が無料の業者を利用すれば届けてもらう費用がかかりませんし、トータルでコストダウンを図ることも可能となるでしょう。お値打ちに手に入るリサイクルトナーだけでなく、送料も無料になればさらなるコストダウンが可能になります。

価格や送料以外にも着目

コストダウンのためにできるだけ安く商品を提供しているリサイクルトナー業者を選ぶ、送料無料の業者をチョイスするというのは正しい考えです。しかし、価格や送料だけでリサイクルトナー業者を選ぶというのは少々リスクがありますから、そこは注意したほうが良いでしょう。確かに価格や送料というのはリサイクルトナー業者を選ぶうえでとても大切な要素ではあるのですが、そこだけに目を向けすぎると業者選びで失敗してしまいます。

信頼では、価格や送料以外にどのような部分に目を向ければ良いのかということですが、一つには保証の有無が挙げられます。たいていのリサイクルトナー業者だと保証は設けていると思いますが、保証の内容についても確認してください。どのような保証を設けているかは業者によってまちまちですし、どれくらいの期間その保証が有効なのかも違ってきます。保証が手厚い業者なら利用する側としても安心できるのではないでしょうか。ちなみにリサイクルトナー販売のトナプロでは購入から1年間の品質保証をつけています。万が一トラブルがあった場合カートリッジの無料交換、修理を行ってくれます。

当社より納品させていただきましたトナーカートリッジにつきましてはお買い上げ後1年間の品質保証がついております。品質には万全を期しておりますが、万が一ご使用中に印字トラブルなどが発生した場合にはトナーカートリッジを無料交換もしくは修理致します。

そして業者の実績という部分も重要です。実績が少ないからダメ、ということはないのですが、できることなら実績豊富なリサイクルトナー業者を利用したほうが安心でしょう。実績があるということはそれだけ多くのクライアントから信頼されているということですし、実績に裏付けされたノウハウなどもあるはずです。安定した供給体制も整っていると考えられますし、サービスの土台がきちんとでき上っていますから安心して利用できます。

また、品ぞろえや品質という部分もチェックしなくてはなりません。これも業者によってまちまちですから事前にきちんと確認しておきましょう。気になる方は公式ホームページだけでなく口コミなども確認すると良いかもしれません。

まとめ

リサイクルトナー業者を選ぶときに送料の有無や金額を確認するということは大切です。また、送料が無料でも商品そのものの価格が高いとなるとあまり意味はありません。送料無料という言葉に飛びつくのではなく、商品価格との合算で考える必要があります。いくら送料が無料でも商品価格が高く設定されているとなると結果的に損をしてしまうことも考えられるでしょう

リサイクルトナーを利用する目的はコストダウン、コストパフォーマンスの向上だと思いますから、それを考えると送料の有無や額だけに捉われてしまうのは危険です。トータルでコストダウンできていないと意味がありませんから、送料はもちろん商品価格にも注目してください。また、最終的に業者を選ぶときにはその会社の実績や品ぞろえ、商品の品質などについても確認する必要があります。トータルで考えてもっともコストダウンにつながりそうな業者を選んだほうが良いでしょう。

 

Related Posts>>>

  1. リサイクルトナーの問題点
  2. トナーの種類
  3. 安いが故の不具合